自動車保険 安い 安心 比較ブログ☆

自動車保険を中心に、保険についての知識、情報をお届けします。安い自動車保険、安心な保険について比較していこうと思います。

自動車保険 自賠責保険の算出

保険というものに関しては一般的にその保険料率に企業の利潤が含まれています。自動車保険においても保険会社の利潤が含まれて保険料が決定されています。

しかし自賠責保険にかんしては社会保障的性格の強い強制保険でありますから、営利の目的の介入というものは存在しておらず自賠法で保険料率の認可基準を定めておりノーロス・ノープロフィットの原則というものを用いています。

法律によって「自賠責保険(共済)の保険料本(共済掛金率)は能率的な経営の下における適正な原価を償う範囲内でてきる限り低いものてなけれはならない。」(自賠法25条)と明言されています。

さらに自賠法25条では自賠責保険に関する一定の処分についての申請があった場合に、その申請に係わる「保険料率が能率的な経営の下における適正な原価を償うものてなく、又は保険料率の算定につき営利の目的の介入かあるとき」はそれらの処分をしてはならないと規定しているのですが、それではこの対象となる処分とはどのようなものか紹介しましょう。

保険
事業の免許、保険料率変更の認可、つぎに損害保険料率算出団体の算出した保険料率の認可、そして外国保険事業者の事業の免許、事業の種類の変更・追加の認可、保険料率変更の認可が対象となる処分としてあげられております。

また、思いのほか利益が発生した場合は、認可、審査基準の趣旨を達成するために別の文言で規定されております。

それは自賠法27条において規定されています。

自賠法27条において自動車保険料の引下げ命令について規定しているのは次の文です。

保険料が能率的な経営の下における適正な原価をこえると認めるとき」

このときは保険会社または損害保険料率算出団体に対して保険料率の変更を大蔵大臣は命ずることができるとし、これとは逆に、保険料が適正な原価に達しなくなった場合には、保険会社または損害保険料率算出団体は大蔵大臣に対し保険料率の変更認可申請を行うことができるとあります。

こういった観点からも、上記がすべてではありませんがこのような形で社会保障的性格の強い強制保険である自賠責保険の保険料は公平に保たれているといっても過言ではありません。
  1. 2007/09/04(火) 10:31:29|
  2. 自動車保険について|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

車両保険の料金について

車両保険は車種によっても保険料が変わってきます。

単純に車の性能などによる価格の違いもあります。
大衆向けか否かという基準もあります。

日本だけではなく多くの国で車両によって保険料が変わるという制度を採用しているようです。

車両保険
保険の一部ですからあらかじめ多くの人が先に保険料を支払っておいて、いざ何かが起こったときにその当事者に保険金を支払う、普通の保険と同様のシステムです。

保険
料算出の基となる車両型式別科本は毎年見直しが図られています。最近では技術の著しい向上をうけて自動車も多機能をもつようになりました。とはいっても基本的には自動車そのものの部品価格、加速性能と最高速度、盗難防止装置の有無などでおおざっぱに分けられているようです。

また車両保険と付随して、自動車を購入すると義務として自賠責保険という強制的な保険にはいるかたちになります。自賠責保険は強制保険のため原動機付自転車をはじめ自動車を購入すると、自賠責保険も入らなければいけません。

車両保険とは、安全を保障するものではありません。しかし、事故が起こってから後悔しても遅いので、しっかりと加入してもしものときに役に立てるようにしておきましょう。
  1. 2007/09/04(火) 09:47:50|
  2. 自動車保険について|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自動車保険 比較2

<JA自動車共済>

サポートが充実した自動車保険です。
JA自動車共済は無事故を継続すると最大20等級までの無事故割引等級が適用され、掛金も最高約62%まで割り引かれます。

また保険会社等からの切り替えにも無事故による割引は適用されます。
つまり事故を起こさなければ自動車保険料が安くなります。

JA共済の事故相談窓口は、全国約1,150か所、損害調査スタッフは約5,900人。万全の体制でお客様をサポートします。

365日・24時間、フリーダイヤルで事故の受付やアドバイスなどを行うほか、自動車保険などに関する各種契約サービスを実施しています。


<アクサダイレクト>

自動車保険
料が安い会社です。アクサダイレクトなら自動車保険は安くなります。

アクサダイレクトは、インターネットなどを活用して直接取り引きすることで中間コストをなくすことによって、自動車保険料が安くなるのが特徴です。

24時間365日、1本のお客様からのお電話に対して最大限のサービスを提供しています。

「ワンステップ事故対応サービス」の考え方で、現場からの1本のお電話でプロセスがスタートします。

自動車保険
は安いですが、サービスも充実しています。

全国480ヶ所(2006年10月1日現在)のアクサダイレクト指定修理工場が、高い技術力と高品質なサービスでサポートしてくれます。
  1. 2007/09/03(月) 10:23:44|
  2. 自動車保険 比較|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自動車保険の比較

<そんぽ24自動車保険

この自動車保険のCMはよく聞きました。おそらく有名な自動車保険の会社だと思います。


そんぽ24は独自の料率システムに従い、年齢や車の使用目的など、
所有者の条件に沿った適切な自動車保険料を算出いたします。
つまり、それぞれの運転スタイルに合った自動車保険料を提案してます。

例えば、下記のような条件を満たせば保険料が割引されます。


・車の年間走行距離が少ない方

・1年間無事故の方

・30歳以上の方

・ウェブサイトにて契約された方


この他にも条件はいろいろありますので、1つでも当てはまれば

自動車保険
料が安くなるチャンスがあります。


<損保ジャパン>

損保ジャパンは自動車保険に関して、一人ひとりに最適な補償をアドバイスしてくれます。

補償内容は、相手への賠償、ご自身のケガ、車の補償などです。


「レジャー」「通勤・通学」「業務」の3つの使用目的に応じた

自動車保険
料が用意されています。


運転年齢条件が「18歳以上」、「21歳以上」、「24歳以上」

「27歳以上」、「30歳以上」、「35歳以上」に6区分されており、

家族の中で契約の車を運転する人が35歳以上のみの場合は、
30歳以上担保の条件に比べて自動車保険料がお得になります。
  1. 2007/09/03(月) 10:10:09|
  2. 自動車保険 比較|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ