自動車保険 安い 安心 比較ブログ☆

自動車保険を中心に、保険についての知識、情報をお届けします。安い自動車保険、安心な保険について比較していこうと思います。

自動車保険の制度

最近では自動車保険、特に任意保険に関しては特約が幅広く用意されている反面、複雑化してきたともいえるでしょう。自動車の損害賠償を保障する制度によって自動車運送の総合的な発達が促された面も否めませんが。

自賠責保険にあたっては自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命又は身体を害したときは、これによって生した損害を賠償する責に任すると法律で規定されています。

自賠法3条にいう運行にあたらないと自賠責保険保険金、また仮渡金は受けられないので自動車を運転している方にとっても何が運行に該当するのか、知っておく必要があります。

運行とは、「人又は物を運送するとしないとにかかわらず、自動車を当該装置の用い方に従い用いることをいう」と定義されています。簡単にいうと現代の世の中においては、車が一旦車庫を出て路上にあるかぎりは、車の走行中、そしてたとえ停車中や駐車中であっても他車にとって危険物であることに変わりはないと解釈されており、運行というのは停車中や駐車中の状態も含むといわれています。

車庫をでてエンジンを切って仮に惰性で動いていても、車に備え付けられている装置の使用、停車中の車の荷台から人為的に落とした荷物により通行人に生じたものなども含み、駐車中の車に誤って接触したために生じたものなども、すべて自賠法3条にいう運行に該当します。

学説上、これを車庫出入り説ともいうそうですが、かつて運行という解釈をめぐっては幅広い議論があったそうですが、現在においては車庫をでた時点で運行しているという解釈になっています。

自動車の損害賠償を保障する制度、自賠責保険を使用しないにこしたことはありません。日ごろから安全運転をこころがけるようにしましょう。
  1. 2007/09/04(火) 11:22:26|
  2. 自動車保険について|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<自動車保険 示談 | ホーム | 自動車保険の特約>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jidousya1hoken.dtiblog.com/tb.php/6-b8a87e7c